株式会社Bimowa

椎間板ヘルニア予防には!トレーニングで腰回りの筋肉を鍛えよう!

お問い合わせはこちら ご予約はこちら

寒い時期は腰痛に注意!椎間板ヘルニア予防には!トレーニングで腰回りの筋肉を鍛えよう!【四日市・金山・エステ】

寒い時期は腰痛に注意!椎間板ヘルニア予防には!トレーニングで腰回りの筋肉を鍛えよう!【四日市・金山・エステ】

2023/12/24

椎間板ヘルニアという言葉を聞いたことがありますか?この症状は、腰回りの椎間板が飛び出してしまうことで起きるもので、強い痛みやしびれなどの症状を引き起こします。そんな椎間板ヘルニアを予防するためには、トレーニングが効果的です。特に、腰回りの筋肉を鍛えることで、腰の負担を軽減し、将来的に症状を予防することができます。今回は、椎間板ヘルニア予防のために、腰回りの筋肉を鍛えるトレーニングについてお伝えします。

目次

    椎間板ヘルニア予防には!トレーニングで腰回りの筋肉を鍛えよう!

    近年、健康意識が高まり、様々な病気や怪我の予防に対する関心が高まっています。中でも、多くの人が抱えている悩みである「椎間板ヘルニア」は、腰痛や神経痛の原因となる可能性が高く、予防することが大切です。 椎間板ヘルニアは、脊椎の椎骨と椎間板の間にある神経組織が圧迫されることで起こります。そのため、腰回りの筋肉を鍛え、脊椎を正しい位置に保つことが予防につながります。 まずは、腰回りを鍛えるトレーニングを紹介します。腰回りを鍛えるとともに、全身の筋肉を鍛えることができます。まずは、スクワットを行いましょう。足を肩幅に開き、膝を軽く屈曲させ、お尻を後ろに突き出し、腰を落とします。この状態から、ゆっくりと立ち上がっていきます。この動作を10~20回程度繰り返しましょう。 次に、ヨガのポーズを行いましょう。ダウンドッグからフライングドッグに移行するポーズがおすすめです。ダウンドッグの状態から、右足を持ち上げてフライングドッグに移行します。この状態から、右足を元に戻してダウンドッグに戻ります。この動作を左足でも繰り返しましょう。 最後に、ウォーキングを行いましょう。歩くことで、全身の筋肉を鍛えることができます。特に、歩幅を広くすることで腰回りの筋肉を刺激することができます。ウォーキングを行う際は、腕を交互に振りながら歩くことで、上半身と下半身の筋肉を同時に鍛えることができます。 いかがでしょうか。今回は、椎間板ヘルニアに対する予防策として、トレーニングによる腰回りの筋肉の鍛錬をご紹介しました。これらのトレーニングを日常的に行うことで、健康的な体を維持し、身体を守ることができます。是非、この機会にトレーニングを始めてみてはいかがでしょうか。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。